スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀色ドレス

  • 2007/08/23(木) 01:31:12

色々な方々にご心配をおかけして・・・
励まし・勇気・元気をもらって、今日診察を受けてきました。


まずはレンタカーに乗って、都内の眼科専門医さんのところへ!!


平日・朝の通勤時間帯・・・という事で、首都高は渋滞!!


ウチにお婿入りしたとき意外、
車での長時間移動は初めてのニャンズ・・・・・・・・

キャリアに入れれば『出せーーー!!』と暴れるジーマ。

何がどうなったのかわからず、戸惑うコロナ。


そして、寝不足の為、車に酔って悶えるトツ・・・・・○| ̄|_




ごめんね、電波さん・・・・p(´⌒`。q)


そんなストレス状況盛りだくさんの状態で、病院ではさらに1時間待ち・・・


そりゃ暑いし、負担です。

コロナ、キャリアの中でゲリピーしてしまいました(´Д`;)



ニャンコは私達だけで、ほとんど白内障のワンちゃんばかりでした。
中には眼球摘出の手術後初の飼い主さんとの面会ワンコもいて・・・



目の病気で苦しむワンニャンも、いっぱいいるんだなぁ・・・

やっと呼ばれた診察室で、まずは今までの経緯を細かく聞かれました。


そして、眼圧測定・涙量検査・細隙灯顕微鏡検査・超音波検査。


院長先生の診断の際には、目の写真を撮ってから説明を受けました。




kensa.jpg



結果は、一番聞きたくないもので


両目とも視力がありません。




でも、右だけがかろうじて光を感じることが出来ている・・・・。


夜に、壁にぶつかったり手探りで部屋を歩くコロナを見て
もしかしたらとは思っていたのですが、
専門の先生に言われると覚悟していてもかなりショックでした。


手術・・・・になるのかな?と思っていたら


4ヶ月の子猫が、
しかもいきなり両目とも突発的に緑内障になることはほぼ皆無。

これは、内臓に何らかの疾患があるのが原因だと考えられる。

原因もわからないのに点眼を行ったり、目の手術を行っても、
いい結果は得られない。

今日帰ったら、午後の診察時間帯に

血液検査等で、まずは体内を調べてもらってください。



絶対何か、引っかかるはずです。

その根源を治してから、目の治療は始めたほうがいいでしょう



と、院長先生。


そしていつも通っていた病院に眼科検査結果を報告しておくから
今日中に検査を受けるようにといわれました。




そして治療院を後にしたトツと電波さん。




もしかしたら、そう言われるんじゃないかって不安は常にあったので

はっきり言ってもらえて、今後どうすれば良いのか教えてもらえて


よかった。よかったんだけど



やっぱ凄く、悔しいよね。


何がって、いろいろ・・・自分の不甲斐なさだったり・・・・


コロナは、まだ春と夏しか知らなくて、これから訪れる秋や冬は
目では感じられないのかな。

蚊がいなくなるんだよ、とか

葉っぱは落ちるんだよ、とか

日差しも違うんだよ、とか

雪は白いんだよ、とか




人より聴覚も嗅覚も感覚も優れていたって、

目は見えたほうがいいじゃないか。


なんで、人の目玉ではだめなんだろう?


目玉がだめでも、水晶体とか角膜とか

適応するなら全部全部あげたいよ。




そんな事ばっかり考えて、待合室で既に泣いてしまいました。


歳か。涙もろい○| ̄|_



大丈夫だよ、とコロナを励ます電波さんも、
今回ばかりはとても落ち込んでいました。

うちに、来たのがいけなかったのかな?
もし来てなかったら、目は見えたままだったんじゃないかな・・??

弱気な電波さんの発言が余計辛くて、
岐路の車で涙と鼻水を垂れ流し状態。






でも、立ち直りの早さが自慢のトツです!!


左が無理でも、わずかに光を感じられる右目。

もしちゃんと内臓や血液に問題が見つかって

それを治療できたら、視力が戻るかもしれないって、


そう言われたら、
今度はそっちにかけてみるしかないじゃん!!


体の痛みや異常は、早期発見・早期治療が大事!



もう前に通っていた病院に行く気にはなれなかったので
泣いている暇があったら名医の1人2人見つけようよ!って話しなんですよね。





以前、自分が担当している愛猫家の患者様に話しを聞いたことがある、
地元にある猫専門の治療院。


長期移動が負担になってしまったニャンズなので
近場のこちらで検査を依頼することにしました。



続き↓↓↓

corona02.jpg



すらっとした長身の、とても腰の低い院長先生でした。

病状を全て話して、午前中受けた診断結果や写真も見せて・・・・


今度は血液・心電図・レントゲン・血圧の検査。


採血の時は驚いたコロナに、初めて手首を思いっきりガブリ!!!


ごめんね・・・1日に2度も、疲れちゃったよね・・・。


でもそれ以外は優しい助手さんと、ジーマの付き添いがコロナを落ち着かせて
静かに検査を受けてくれました。


血液検査から解った、35項目の数値。


その中で異常が見られた4つの数値を1つ1つ丁寧に、
解るまで説明してくださいました。


レントゲンに映った、炎症して肥大した肝臓・・・・
異常のある数値と合わせて、院長先生が可能性としてあげたのが



コロナウイルス感染発症の疑い。


『名前が同じだけに、申し上げにくいんですが・・・』





コロナがコロナウイルスに感染して、発症したかも!!??


コロナってウイルスがあったんですね・・・・


安直に好きなビールの名前♪でなくて、
もうちょと慎重に選ぶべきだったでしょか(´Д`;)


そして、肝臓の炎症を抑え、眼圧低下効果のあるお注射を打ちました。


コロナちゃんの症状と、まだ4ヶ月という状態を考えると
飲み薬よりも注射を打ったほうがいいです。

目の症状も考えると続けて接種したほうがいいのですが、
明日はうちが休診日で・・・・



だから、もし明日来れるのであれば、その時間だけ病院開けますので

来ていただけますか??




そして、コロナウイルスは1度で死滅させることはできないけれど
抑えていく中で消滅していく例も多々あり

肝臓の炎症・肥大が治まれば、視力回復にもつながって
失明しなくて済む可能性が十分にあると・・・・・・・・・





ええ!!??



院長さん、お休み削って診てくれるんですか???




検査中の細かな説明・ささいな質問にも丁寧に1つ1つ答えてくれて・・・

明日も病院を開けてくださる。




都内から帰ってきた時は、

地元で診て、診きれないから都内の病院を紹介されて

その都内の病院では、眼科専門だから他で体内の検査を受けてくださいってことになって・・・・・


このままぐるぐるしたらどうしよう!?

その間に、悪化したらどうしよう!?

って不安がとてもあって、体も悪かったらどうしよう・・・

ってさらに不安が募って、張り詰めた糸状態でした。


それが院長先生に診てもらって少し緩んで・・・・





今度はそれで涙が出てきました。





やっぱ、歳!!???



今はまだはっきりとコロナウイルスと決まったわけでもないし
ちっとも安心できる状態ではないのだけれど


それでも、嬉しかったです。






zima01.jpg

また追いかけっこできるですか!?にやっ



2件の病院巡り・・・

コロナはもちろん、ジーマも付き添いなりに気を使ったのかな。

おうちに帰るなりゴハンをもりもり食べて


その後は爆睡のニャンズでした。


私達も、不透明だったコロナの状態がわかりつつあって
今度どうしていくべきなのか、

しっかりと検討が出来た貴重な1日だったと思います。



何から書いてよいのかわからずに、
だらだらとながーーーーい日記になっちゃいました・・・。


最後まで読んでくださった方、ありがとうございました♪





スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

読んでいて私も涙がでそうになりました・・・
コロナくん辛かっただろうね。
でも、いい先生が見つかりそうで良かったですね。
動物もやはりセカンドオピニオンが必要かもしれませんね・・・
ずーっと病院通いでコロナくんも大変だったでしょうし、トツさんもさぞかし心配でお疲れでしょう・・・
でも、原因がわかりそうだしきっと良くなりますよ!!
コロナくんも辛いけど頑張ろうね!!

  • 投稿者: komaneko
  • 2007/08/23(木) 02:40:08
  • [編集]

良くなりますように(祈)

トツさん、電波さん、辛い1日でしたね。
早くコロナちゃんが回復しますように、お祈りいたします。

余計なおせっかいとも思いますが・・・
内科検査の結果を、眼科の獣医師さんにもご連絡しておくのが良いかと思います。

  • 投稿者: 高原です。
  • 2007/08/23(木) 09:57:50
  • [編集]

(´;ω・`)ホロリ

totuさん・・・
私は本当に非力です。
私の方が、育て方がいけなかったのでは・・・と
あれこれ思い出しては何だか落ち込んでいます。
でも、今は本当に何とか治ってくれる事を祈って・・・
本当に力不足でごめんなさい。
辛い思いをさせてしまいごめんなさいね・・・

  • 投稿者: KAZU
  • 2007/08/23(木) 22:47:44
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2007/08/24(金) 00:51:20
  • [編集]

みなさんありがとうございます♪

コロナウイルスも、調べてみるととてもじゃないけど安心できないウイルスで・・・・

目はおろか、命に関わるものなので
結果がわかるまでは気が気でないです・・・。

感染が考えられるジーマも、近々血液検査を受ける予定です。

そして、KAZUさん、エヌさん・・・・

申し訳なさなんて、感じないで下さい。
初めてのニャンズたちを

迎え入れたこと、後悔なんてしたことがないですし

むしろ後にも先にも

可愛くてしかたがないんです♪

この子達との出会いを授けてくれました
リトルキャッツさんに、感謝の気持ちでいっぱいです!


難しい病気かもしれませんが、
だからって、子供への愛情って変わらないじゃないですか(´∀`*)

大丈夫です。必ず治して、
後々はひょっこり譲渡会なんかにも顔出ししますから♪

応援、ありがとうございます(・ω・)

  • 投稿者: totu@管理
  • 2007/08/24(金) 01:52:25
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。